Re:Re: ゲームやらない?

注目タイトル、オススメタイトルの動画、スクリーンショット、発売前情報、ゲームレビューなどを紹介。

TOP  スポンサー広告  スポンサーサイトTOP  PSP  レビュー(前編): クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-

 新着ゲーム動画

 Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー(前編): クライシス コア -ファイナルファンタジーVII-

■考察レビュー■

今回は、純RPGであるFFⅦからA・RPGへと変化を遂げたCCFFⅦのバトルについて考察します。

○D.M.W
まず、今作のバトルの特徴であるD.M.W(デジタル・マインド・ウェーブ)について簡単に説明すると、戦闘中は画面左上に常に(※1)3つのリールが回転していてキャラの絵がそろうとリミット技が発動し、数字がそろうとザックスのレベルアップ、マテリアのレベルアップ、戦闘補助効果(MP消費0、物理攻撃無効など)が得られるというシステムである。
キャラ、マテリアの育成からリミット発動、戦闘中の補助効果(MP消費0、物理攻撃無効など)までこのDMW1つでやってしまうという試みは斬新である。

始めは、自分の意志で止めることが出来ず目押しができないこともあり、完全に運任せでレベル上げ等がつらいんじゃないかという先入観があったが杞憂だった。
スロットがそろう確率はかなり高く(※2)、ザックスのレベルもマテリアのレベルもコンスタントに上がっていく。
しかしマテリアのレベルアップは、例えば3の数字がそろったときはマテリア装備欄の3番目の位置のマテリアのレベルが上がるという仕様のため、レベルを上げたいマテリアが運悪くなかなか上がらないということが何度かあった。

ただ、ミッション後半に楽にマテリアのレベルを上げる方法(裏技でなく正当な)が手に入り、またマテリア合成を利用するとマテリアのレベルを一切上げずにザックスのパラメータをMAX(255)にすることも可能であるなど、レベル上げの煩わしさをなくす手段が用意されているが、見方によってはゲームバランスが崩れているともとれる。
とはいえ、マテリアのレベルが上がっても何が変わったのかが分からないのでマテリア育成のメリットが果たしてあるのかどうか…。

上述の通り、スロットがそろう確率が高いので、リミット技もしょっちゅう発動する。
ピンチのときにリミット技が発動したり、リーチ止まりで発動しなかったりで一喜一憂するようなスロットの醍醐味(?)は味わえるが、リーチがかかったときの演出(リールが止まるフェイント、回想シーン挿入など)+リミット技の演出で若干テンポの悪さを感じる。
そもそもA・RPGなんだしリミット技も他のコマンドと同じように戦闘を中断せずに(リミット技用演出なしで)発動できる方がよかったのでは?と思う。

リーチにならない状態でのみ発動する補助効果に関してはもっと種類を増やしてほしかった。「AP消費0が発動したのでコマンドメインで戦う」のようにリアルタイムに変化する状況に応じて戦い方を変えていくバトルは戦略性があり面白いと思うので、ここら辺をもう少し発展させられれば散々言われていて、次にも述べる「戦闘(ミッション)が単調」なところが解消できたのではないかと思う。


○戦闘が単調である理由
次に戦闘の基本について。
攻撃は、通常攻撃、コマンド、魔法の3種類あるが、メインストーリーをクリアするだけならおそらく通常攻撃だけで十分だし、ダメージ効率もいい。
というのも、ほとんどの敵は攻撃を当てるとのけぞるため、連続して(倒すまで)攻撃し続けることができる。
また、敵の攻撃頻度がやたら低いため、一体を攻撃しているときに他の敵に邪魔されにくいのもその一因である。
敵の攻撃をよけるには、レスポンス抜群で無敵時間もある『回避』でほぼ事足りてしまい、攻撃モーション中、回復中でも出せるのはもはや便利すぎるという印象。
戦闘中は基本的に固定視点だが、例え敵の位置が把握しづらくてもオートターゲッティングにより、どこで攻撃ボタンを押しても敵を自動追尾して攻撃でき、せわしなく方向キー(アナログパッド)を動かす必要がないためA・RPG初心者でも戦闘で苦労することはあまりないと思う。

上記のような難易度のため、ストーリーだけ知りたい人にとってはこれ以上ないくらいサクサク進められるが、多くの人が言うように相当単調な戦闘が繰り広げられるのでA・RPGとして楽しみたいという人には向かない。
また、私が思う戦闘が単調である理由は上記以外にも以下のようなものがある。

1.操作キャラがザックスのみ
キャラチェンジもなければパーティーも組めない。

2.敵の種類が少ない
色違いの敵がけっこう出てくるが攻撃パターンが同じなので攻略も結局ワンパターン。

3.コマンドのモーションが使い回し
コマンドマテリアは種類は多いのだが、ぶんどるとゴブリンパンチ等パンチ系コマンドのモーションが同じなど、ほとんど使い回し。


○ミッションの難易度
ここまでは、戦闘が簡単、かつ単調であることを強調してきたが、ミッション後半(具体的には達成率60~70%)辺りから敵が強くなり、単純に通常攻撃と回避の繰り返しでは厳しくなり同時にやり応えもでてくる。
ミッション後半では多くの敵が状態異常を起こす攻撃を持っているため、敵に合わせたアクセサリの付け替えもかなり重要になってくる。

さらにミッションを進めて、達成率90%くらいになると敵の攻撃頻度も急激に上がり難易度はさらに高くなる。ここまで来るとザコ敵相手でももはやテクニックでどうにかなるレベルではなく、マテリアを育てて体力やHPなどのパラメータを上げる以外まったく歯が立たなくなるのはやや面白みに欠ける。


※1)正確に言うとSPというものを消費するが、微々たるものなので実質常に回転している
※2)実際は『リミットゲージ』(ザックスのテンション)に大きく左右されるが、「NORMAL」以上ならそろいやすい


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

-->プレレビューを読む<--

-->レビュー(後編)を読む<--

-->他の人のレビューも読む<--

<<レビューの見方についてはこちら>>



レビューが参考になったという方は賞賛の気持ちをこめてワンクリックを、
そうでない方は叱責の気持ちをこめてワンクリックをお願いします!
スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://lwg.blog119.fc2.com/tb.php/73-439b85c4

 | HOME | 

管理人注目の新作タイトル

ブログ内検索


カテゴリ

ブログランキング

ブックマーク

相互リンクサイト様

相互リンク&RSS申請

レビューサイト

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンタ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

seoparts

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。