Re:Re: ゲームやらない?

注目タイトル、オススメタイトルの動画、スクリーンショット、発売前情報、ゲームレビューなどを紹介。

TOP  スポンサー広告  スポンサーサイトTOP  Xbox360  レビュー(前編): バーンアウト パラダイス

 新着ゲーム動画

 Sponsored Link

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レビュー(前編): バーンアウト パラダイス

■考察レビュー■

バーンアウト パラダイスのレビューを読んでいると「単調で作業感が強い」という意見をちらほら見かける。
通常のレースに加え、シリーズ特有のロードレイジ、フェイスオフ、マークドマン、スタントラン、チェイス(※1)などのルールがあり、さらにシリーズ初の箱庭化に伴い街中に散りばめられたショートカットやジャンプポイント、ビルボードを見つける探索要素が増えてオフラインだけでも出来ることが広がった。

ではなぜ「単調作業」だと感じてしまうんだろう。
私なりに分析してみた結果、次の2つの理由が浮かび上がった。

1.イベントは豊富に用意されているが、すべて単発で終わってしまう。
イベントとイベントのつながりがないので同じようなイベントを繰り返すことが作業的に感じてしまう。

2.スタート地点は無数にあるのに、ゴール地点は数えるほどしかない。
「ルートは自分で選べる」ことがウリなのに、これが原因でどのレースイベントでも結局はほぼ同じルートに収束してしまう。

この2つから言えることは、イベントコンプを目指してイベントを繰り返すようなコンプリート意欲の強い人が作業感を感じてしまう傾向にあるのではないかと思う。
なので、集中力を使うイベントに疲れたら、ショートカットを探しつつマップを覚えつつのんびり(もちろん爆走!)と広大なパラダイスシティをドライブして楽しむ、というようにバランスをよくプレイするならばきっと「単調だ」「作業だ」などと感じることはないでしょう。

結論:
バーンアウト パラダイスは、コンプリート意欲の強い人よりまったり派の方が楽しめる!



長くなりそうなので続きのレビューはまた後ほど。


※1)バーンアウト レジェンドオリジナルの、1台のライバルカーをひたすら追いかけテイクダウンさせるとクリアというモード。本作ではイベントとしてこのルールがあるわけではないが、新車入手の方法がチェイスっぽい。


<<レビューの見方についてはこちら>>


レビューが参考になったという方は賞賛の気持ちをこめてワンクリックを、
そうでない方は叱責の気持ちをこめてワンクリックをお願いします!

スポンサーサイト

■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://lwg.blog119.fc2.com/tb.php/169-6549bf47

 | HOME | 

管理人注目の新作タイトル

ブログ内検索


カテゴリ

ブログランキング

ブックマーク

相互リンクサイト様

相互リンク&RSS申請

レビューサイト

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

アクセスカウンタ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

seoparts

  • seo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。